燻製で使うスモークウッドとスモークチップの使い方の違いって何?

燻製

皆さんこんにちわ(^o^)燻製で使うスモークウッドとスモークチップは何がどう違うのか疑問に感じたり使い方がよくわからないと言ったこと、一体、どんな種類があるの?色々疑問があると思います。ここでは、そんな方に向けてまとめて見ましたのでぜひ!参考にして頂けたら嬉しいです!この記事でこのようなことが分かります。


  • スモークウッドとスモークチップの違いが分かるようになる。
  • 食材に合わせて使い分けることが出来る。
  • 燻製に使う香りの種類が分かるようになり、どのような香りにしたいのか調整出来るようになる。

 

この記事を最後まで読んで頂けると自分好みの味に作れますので最後までお付き合い下さいね♪

では、早速解説していきます!

 

 

燻製で使うスモークウッドとスモークチップの使い方の違い

 

燻製づくりには煙が必要不可欠になります。煙を出す材料という物が、熱源を使用しなく棒状に固めたスモークウッドと、熱源を使用する木っ端のスモークチップと呼ばれる2種類のそれぞれの使い方の違いや特徴を解説していきます!

 

私個人の方法になりますが、ぜひ、参考にしてみてくださいね^_^

ウッドとチップの用途・特徴の違い

燻煙材には、棒状にまとめたウッドや、木を細かくカットされたチップと呼ばれる2種類があります。

 

スモークウッド:棒状のウッドに火を付けると、まるで線香のように安定して燃え続けます。熱源を使用しないので管理も楽ですし、ウッド1本で約4時間ほど煙を出してくれます。

 

スモークチップ:ガスや炭などの熱源を使って焦がして煙を出します。ウッドとは違い熱源が強すぎたり、空気が多いと燃えすぎてしまうので温度管理が大切です。
チップが燃えすぎてしまうとせっかくの燻製が台無しになってしまいますからね…^_^

ウッドとチップの火の着け方の違い

 

ウッドとチップは同じ燻煙材でも火の付け方がちょっと違います。これは私個人の付け方になりますので良ければ参考にしてみてくださいね?

 

~スモークウッド~

熱源は使用しないのですが、最初は着火しなければなりません。ガスバーナーでトングか何かでウッドを持ちウッドの角の方から火を点けていきます、ウッドが黒くなってきたら、角度をずらしながら万遍なく炙っていきます。手の火傷には十分に気をつけて下さい!煙が出たからといって、すぐ、スモークするとちゃんと燃えていなく気づいたら煙が出ていなかった…なんてありますから…スモーカーに入れたら煙がきちんと出ているか確認をして下さいね^_^
私の場合は30分置きに煙が出ているかチェックするようにしています。スモーカーから風が入り、ウッドが消されていることもありますので、風よけになる物があれば尚、良し!ですね!
かなり重宝しているのが、家庭用のガス台に置くレンジフードを使用しています。片付けも楽ですし、処理するのも手軽で簡単ですからね^_^

 

~スモークチップ~

 

こちらはウッドとは違い熱源を必要としますので、温度管理が大切になります。私の場合はカセットコンロを使用しています。食材の量で燻煙時間をコントロール出来るのがチップの良い所です。調理用温度計が使いやすいです!チップを使う場合には必ず専用のスモーカーを使わないといけないわけではありません。代用品として中華鍋が使いやすいです!直接、中華鍋にチップを入れても良いのですが、私の場合は後処理のことも考え、アルミホイルを適当な大きさにカットして丸くしてからチップを置くようにしています。そうすることによって、後処理も楽ですし、焦げ付いて取れなくなる心配がありませんからね^_^

 

燻製に使う香りの種類は?

燻製には色々な香りの種類がありますが、使う香りによって同じ食材でも全く違う味や香りになります。それぞれの特徴をまとめて見ましたので是非!参考にしてみて下さいね(^o^)

 

サクラ日本で最も知られている花の一つであると同時に日本で一番メジャーなスモーク材である。香りが非常に強いので肉系に抜群の相性。流通が多くホームセンターでも大概みかける。
ブナ:ブナ欧州科ブナ属の木。ナラ同様色付きがよい。基本魚介系に合いますがヨーロッパではハムやウインナー、ベーコンなどの肉系の食材の燻煙材として主に使用されている
くるみ:クルミ科クルミ属の落葉高木の総称。木材としてウォールナットと呼ぶ。スモーク材としてはクセがあまりなく肉類、魚介、チーズ、練物などなんでもマッチする万能タイプ。
ヒッコリー:クルミ科カリア属に含まれる樹木の一般名。ペカンをはじめ数種からなる。おもな種の原生地は北アメリカ。アメリカでは燻製やバーベキューのスモーク材として人気が高い。
ナラ:ブナ科落葉性の広葉樹の総称。英国でいうオークはナラに相当する。あまりくせはありませんが、色つきはかなり濃い方なので魚に使用するときれいな色に仕上がります。
リンゴ:バラ科リンゴ属の落葉高木樹。香りはほのかに甘くやわらかい。魚など魚介系に合うとされているが、米国では豚肉などのほうがマッチしていると言われている。
ウイスキーオーク:ウィスキー樽に長年使われたものをチップにした物。ウィスキーの香りを生かしたいのであれば淡泊な素材がいい。スコットランドではスモークサーモンを燻す燻製材である。

 

まとめ

難しいイメージがある燻製ですが、食材や燻製にする量によって使い分けることができ、必要な分だけ燻製に出来るというメリットがあります。

  • 燻製は保存食に向いている。
  • スモークウッドは1本で4時間ほど燻製が出来る。
  • 様々な香りのするウッドやチップがある。
  • スモークチップは食材の量や燻製にする時間を調整できる。

燻製にはどれが正解とかはないので、お好みで燻す時間だったり、香りを変えてみたりできるので、同じ食材でも味が変わるので色々、試して楽しめるのが燻製の良いところですね(^o^)

でわでわ~(^o^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました