怪演女優の松本まりかさんが声優をしていたアンパンマンのキャラは?

芸能

皆さんこんにちわ(^o^)こんばんわ(^o^)真神です。

 

最近、CMやドラマや声優業などで話題になっている怪演女優と呼ばれている「松本まりか」さんってご存知でしたでしょうか?印象に残っているCMといえば某携帯キャリアの犬のお父さんのCMですかね?

 

容姿端麗で声も可愛いと今、注目を集めています。しかしながら芸能生活はなんと21年とかなり長いキャリアもお持ちで、2000年から芸能活動を始めており、声優業では国民的アニメにも声優を努めています。

 

遅咲きの松本まりかさんですが、タイトルにもあるとおりに国民的アニメ「アンパンマン」の数ある中のキャラクターの声優を努めていました。

 

一体、アンパンマンのどんなキャラクターを努めていたのかを記事にしていきますので、宜しければ最後まで読んで頂けると嬉しいです(^o^)

 

松本まりかさんが声優をしていたキャラクターは?

 

2005年放送のそれいけ!アンパンマンに出ていたキャラクターで「いちごちゃん」というキャラクターの声優をしてました。ちなみにこのいちごちゃんは松本まりかさんで4代目だそうです^^;

 

では、どんなキャラクターの声優をしていたかと言うと…

 

いちごはいちご村のおてんば娘で、気が強くて人に言うとおりにさせてしまう…ちょっとドキンちゃんに性格が似ているせいかバイキンマンもイチゴちゃんは苦手だそう…^^;

 

松本まりかが声優をした、いちごちゃんは結構なレアキャラで実は、1回しか登場してません…国民的アニメで人を言うとおりにさせてしまうのが、頻繁に出てきたらちょっと困っちゃうかもしれませんね^^;

 

松本まりかさんはなぜ声優をしているのか?

松本まりかさんは、女優でもあり、声優でもあり、ナレーターでもあります。では、なぜ?松本まりかさんは声優を始めたのかというと彼女は19歳の女優駆け出しの女優をしている時にブレイクする期待はされていました。

 

当時のブレイクを期待させていた同世代は宮崎あおいさん、栗山千明さん、ベッキーさん複数がブレイクを期待されていました。

 

ですが…松本まりかさんのように、可愛らしいルックスに甘い声だと役があまり無いし、同世代からあざとい、ぶりっ子などと反感を買う恐れがあったためオファーが無い状態でした。当時、彼女は普通の声が良かったとコンプレックスを抱えて悩んでいた時期もあるとのこと。

 

ですが、その印象的な声を活かしレッスンを受けて、プロにも負けないようにトレーニングに励みその結果がちゃんと付いてきて声優業でもナレーターでも仕事が増えてくる様になりました。

 

過去の声優の声を聴かせて頂きましたが、昔からこのような声質なんだなとい印象を受けました。

 

実際、CMなどの反響では女性からは評判は良くないとのことでちょっと残念です…

 

ですが、努力でコンプレックスを克服するって相当の努力家さんなんでしょうね(^^)素晴らしいです。

まとめ

 

諦めずにご自身の声にコンプレックスを抱えながらも違うフィールドに進み沢山の経験をしてパワーアップし「あざとかわいい」怪演女優として今後の芸能活動には期待できますね♪

 

今後の怪演女優の松本まりかさんの活躍には注目ですね!

 

最後まで読んで読んで頂いてありがとうございました!

でわでわ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました